遺伝ハゲで悩んでいませんか?


自毛植毛

遺伝ハゲ!あなたがすぐとるべき3つの行動と治療法

自分の親や祖父の頭の具合を見て「あれが自分の将来の頭の姿か…。」と肩を落とした経験はありませんか?

 

 

「遺伝でハゲる」ということは昔から言われてきたことですが、確かに「アンドロゲンレセプター」と「5α-リダグターゼ」というハゲを進行させる原因に影響を与える2つの薄毛遺伝子は父親、母親から受け継がれるので、この話は真実です。あなたはこの話を聞いて、さらに自分の将来の頭の姿を想像して肩を落としますか?

 

 

ここでは、あなたが遺伝ハゲの可能性がある場合にすぐとるべき3つの行動と治療法を紹介していきます。

 

 

とるべき行動@ 遺伝子検査

 

あなたは、自分がこれからハゲてしまう理由、すでにハゲてしまっている理由をなにをもって「遺伝のせいだ。」と決めつけるのでしょうか?確かに薄毛の遺伝子は親や祖父から受け継がれますが、その可能性は100%ではありません。

 

 

そのため、いくら親や祖父がハゲていても将来必ずハゲるというわけではありませんし、仮にハゲたとしてもその原因が必ずしも遺伝であるとは言い切れません。

 

 

もしあなたが「自分のハゲが遺伝によるものかもしれない。」と考えているのであれば、まずは遺伝子検査を受けて本当にハゲやすい体質が遺伝されているか確認するべきです。

 

 

遺伝子検査をする方法としては、「AGA治療クリニックでの検査」「遺伝子検査キットを使った検査」の2種類があります。クリニックでの検査の場合は2〜3万円、インターネットなどで購入できる検査キットの場合は1万円程度の費用がかかりますが、検査方法自体は口の中の粘膜を採取したり血液や毛髪を検査するだけなので、大きな手間はかかりません。

 

 

遺伝子検査をすることで、自分がなぜハゲるのか、遺伝によってハゲるのかを明確にしておくことが今後の対策方針を考えることにもつながるのです。

 

 

とるべき行動A 生活習慣の見直し

 

もし自分が遺伝によってハゲやすいのだと分かったら、きっとあなたは「遺伝ならどうしようもないよ…。」とさらに肩を落としてしまうかもしれませんね。でもそこで諦めてしまってはいけません。

 

 

確かに遺伝は頭をハゲさせる大きな要因になっていますが、遺伝をしていれば必ずハゲるかというとそうではありません。普段の睡眠不足、食生活の乱れ、頭皮が不潔になっている、運動不足、喫煙、過剰なストレスなどが原因となって薄毛になってしまうこともあるのです。

 

 

もちろんハゲやすい体質を遺伝している状態で、上のような生活習慣の乱れが積み重なるとハゲは一気に進行するでしょう。しかし、逆に言えば生活習慣の乱れを改善できればハゲの進行を食い止められる可能性もあるということです。

 

 

どうですか?食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足…あなたの生活にあてはまりませんか?

 

 

とるべき治療法…治療薬と自毛植毛

 

生活習慣の見直しをしても、遺伝ハゲが進行してしまう可能性は十分にありえます。そういった場合、遺伝ハゲの進行を食い止めたりすでに薄くなってしまった部分に新しく髪の毛を生やすためには、やはり治療薬が必要となります。

 

 

遺伝ハゲによって額の生え際や頭頂部の髪が薄くなってしまう症状は「AGA(男性型脱毛症)」とも呼ばれています。そして、AGAを治療するために用いられる主な薬が「フィナステリド」と「ミノキシジル」です。

 

 

フィナステリドには、AGAの原因となるDHTが生み出される際に欠かせない5α-リダグターゼという酵素の働きを阻害する効果があります。そのためこの薬を服用すると高い確立で遺伝ハゲの進行を食い止められます。

 

 

ミノキシジルには、頭皮の血管を拡張して血行を改善する効果があります。そうすることで休止状態に入っている毛根に多くの栄養を届けられるようになり、やせ細った髪の毛を太くしたり、新しい髪の毛を生やせるようになるのです。

 

 

ただし、AGA治療薬は体質そのものを改善する効果は弱く、治療薬の服用を中止してしまうとAGAが再び進行し、遺伝ハゲに再び悩まされてしまうケースが多いのです。あなたは遺伝ハゲが気になる限り薬を飲み続けたいと思いますか?正直ずっと薬を飲み続けるのはつらいですよね。

 

 

そういった場合には最後の砦となる治療法の「自毛植毛」をおすすめします。自毛植毛ははっきり言って高額です。1回の手術で100万円かかることも珍しくありません。しかし、1回手術をして植毛が成功すれば、その後は特別なメンテナンスをせずに植毛した髪の毛が生え続けるのです。

 

 

このときに移植する自分の後頭部に生えている髪の毛は、遺伝ハゲの原因となるDHTの影響を受けづらいため、生え際や頭頂部といったDHTの影響を受けやすくハゲヤやすい場所に植毛してもその髪の毛がハゲることはありません。

 

 

1回の手術による髪の毛の定着率は90%程度なので、ハゲの範囲が狭い場合には1回の手術で終わることがほとんどです。

 

 

まとめ

 

ハゲの原因が遺伝となると太刀打ちはできないように感じますが、諦める必要はありません。遺伝ハゲで頭を悩まている場合にすぐにとるべき3つの行動をもう一度まとめてみましょう。

 

遺伝子検査をして、本当にハゲの原因が遺伝によるものか確認する
生活習慣の改善に取り組む
早い段階でAGA治療薬や自毛植毛を検討する

 

本当に遺伝ハゲだった場合、最終的には遺伝子による影響が強く出てしまい生活習慣の改善などではどうしようもなくなってしまうケースもあり、そういった場合には本格的なAGA治療に取り組む必要も出てきます。

 

 

一生薬を飲み続けて薬にお金を使いづけるか、一度高いお金を払って一生生え続ける髪の毛を手にするかはあなたの考え方次第ですが、いずれにせよ遺伝ハゲに悩むのであれば早い段階で治療にとりかかったほうが良いでしょう。

顧客満足度ランキング