M字ハゲに育毛剤は効かない?


自毛植毛

M字ハゲに育毛剤を1年間使っても全然効かない3つの理由とは

「育毛剤は長期間使わないと効果が出ない」というのはよく聞く話ですが、M字ハゲには育毛剤を使っても効果があらわれづらいことをご存知ですか?

 

 

M字ハゲは男性の薄毛の悩みの中でも割合が多いですが、手軽な対策である育毛剤を1年間使っても全然効かないというのは、珍しい話ではありません。1年も頑張って育毛剤を塗っても、効果が感じられない。これほど辛いことはないですよね。

 

 

ここではそんな後悔をあなたがしないためにも、M字ハゲに育毛剤を1年感使っても全然効かない3つの理由を紹介します。

 

 

効かない理由@ 育毛剤に頼りきっているから

 

育毛剤を使う人の中には、育毛剤に頼りきってしまう人がよくいます。確かに育毛剤には毛の成長を促したり抜け毛を防ぐ働きをもつ成分が配合されていますが、これらの成分で完全に髪の毛を成長させたり、抜け毛を防ぐための条件がすべて揃うわけではありません。

 

 

特に現代人は生活習慣が乱れがちです。睡眠不足、喫煙、食生活の悪化、過度なストレスなどは、血行不良や髪の毛への栄養不足を招いてしまいます。こういった生活習慣の改善というのは、口で言えば簡単なものですが実際に実行しようとすると意外と面倒なものですよね。

 

 

そのため「育毛剤を毎日塗る」というシンプルな方法に頼りがちになってしまいますが、それだけではなく一緒に生活習慣の改善にも取り組まなければ、M字ハゲに1年間必死に育毛剤を使ってもM字ハゲの進行を食い止められずに無駄な時間を過ごすことになってしまうのです。

 

 

効かない理由A 発毛効果は保証されていないから

 

もしかして育毛剤に「発毛」効果を期待していませんか?だとすれば、M字ハゲに育毛剤を塗って「髪の毛よ、生えなさい!」と毎日念じることになるかもしれませんが、それは無意味かもしれません。なぜなら育毛剤には「発毛」効果は保証されていないからです。

 

 

育毛剤によく含まれている有効成分(効果が認められている成分)の効果としては、次のようなものがあげられます。

 

・血行促進
・抗菌、抗炎症作用
・抗酸化作用

 

これらの効果は主に頭皮の環境を整えるために役立つものです。また育毛剤には多くの成分が含まれており、こういった有効成分以外の「その他の成分」に期待できる効果としては、次のようなものがあげられます。

 

・DHT抑制
・毛母細胞活性化
・ホルモンバランス調整

 

この中でも毛母細胞活性化は、まさに髪の毛を発毛させるためには欠かせない成分です。さらにDHTというのは、M字ハゲを引き起こす最大の原因であるものですから、それを抑制できるということは、M字ハゲの進行を食い止められる可能性も高くなるということです。

 

 

ただし、「その他の成分」に期待できる効果というのは、有効成分のようにその効果を認められているものではありません。つまり、「効果は期待できるけどその証明はされていない」ということです。そのため、育毛剤の効果は「今ある毛髪の成長を促し、脱毛を予防する」効果にとどまってしまうのです。

 

 

育毛剤の多くは医薬部外品に分類されていますが、医薬品には「発毛剤」も存在しています。発毛剤は育毛剤とは違い、毛母細胞に作用する成分を含んでおり、髪の毛が抜けてしまっている場所でも新しく発毛させる効果が期待できるのです。

 

 

つまり「育毛剤を使えばM字ハゲの進行を食い止められる可能性はあるが、発毛は期待できない。発毛を期待するなら発毛剤を使う必要がある。」ということです。

 

効かない理由B 毛根が死んでいる

 

育毛剤と発毛剤を合わせて「育毛剤」と呼んでいる人は多いため、中にはM字ハゲに「発毛剤」を1年間使っても全然効果がないと感じる人もいます。医薬品として発毛効果が期待できる発毛剤を1年も使って、なぜ髪の毛が生えてこないのでしょうか?

 

 

その理由としては、毛根の死滅が考えられます。髪の毛は成長期→退行期→休止期→成長期→退行期→休止期…というようなサイクルを繰り返して生え変わります。「成長期→退行期→休止期」で1サイクルとして考えると、正常な場合であれば2~6年程度で1サイクルを終了し、これを50回程度は繰り返せると考えられています。

 

 

しかし、AGAになると1サイクルを終了するまでの時間が数ヶ月〜1年程度にまで短縮されるため、ものすごいスピードで髪の毛はヘアサイクルを繰り返していき、最終的には一生のうちにできるヘアサイクルの回数を生きているうちにすべて使ってしまうことになります。

 

 

そうなると髪の毛の毛根部分は活動を停止してしまい、そこからは新しい髪の毛が一切生えてこなくなってしまいます。当然その状態になれば、いくら発毛剤を使ってもM字ハゲ部分に新しい髪の毛が生えてくることはなくなってしまうのです。

 

 

まとめ

 

M字ハゲが進んでくると育毛剤を頼りたくなりますが、育毛剤にお門違いの効果を期待したりして、1年間使っても効果が感じられないという状況に陥ることはよくあります。もう一度M字ハゲに育毛剤を1年間使っても全然効かない3つの理由をまとめてみましょう。

 

育毛剤に頼り切って生活習慣の改善などに取り組まないから
育毛剤にはない「発毛効果」を期待してしまっているから
M字ハゲを長い間放置して、毛根が死滅してしまったから

 

特に毛根が死滅してしまったら、手のうちようがないですよね…。いえ、そういった場合でもおすすめできる方法がひとつあります。それが「自毛植毛」です。

 

 

自毛植毛はM字ハゲの大きな原因であるDHTの影響を受けにくい毛根をM字部分に植毛できるので、再び新しい髪の毛を生やせます。M字ハゲに育毛剤を1年間使っても効き目が感じられないと嘆いている、もしくはこれから嘆くことがあれば一度自毛植毛を検討してみると良いでしょう。

顧客満足度ランキング