抜け毛、薄毛に悩む前に自毛植毛


自毛植毛

自毛植毛って入院しなければならないの?

自毛植毛は再生医療の一つであり、外科的手術が必要となります。毛根の移植ですから、もしかすると入院して手術をする必要があるのでは…と思われている人もいらっしゃるようです。

 

 

自毛植毛の治療内容などを知れば、それが必要ないことが分かります。大げさに考えて正しい選択ができなくなるのは損です。

 

 

自毛植毛は主に後頭部から元気な毛根を採取して、前頭部や頭頂部など、薄毛が目立つ所に移植することを言います。後頭部をある程度帯状に切除することから、麻酔や縫合といった外科的な手術が必要になります。

 

 

手術の内容によっては一本一本の毛根を医師の手で埋め込む作業に時間がかかりそう…と思われている人もいるでしょう。

 

 

自毛植毛ができるクリニックの一つであるAGAルネッサンスクリニックを例にとると、手術も含めた施術時間は朝10時ごろ来院したとして、1000本移植が終了する時間は夕方の3時から5時の間となるようです。

 

 

日帰りの手術が基本です。というか、AGAルネッサンスクリニックには入院施設なんてありませんからね。つまり、いくら自毛植毛の外科的手術が必要であっても、入院が必要になるほどの施術ではないということです。日帰りで施術ができるということは、日常生活にそれほど大きな影響がないということも言えます。

 

 

仕事や生活への影響を最低限にする。それがより自毛植毛で薄毛対策を行いやすい理由の一つなのでしょう。ただし、遠方からきた方は、その日までに帰宅できなければ近くのホテルに泊まります。

 

顧客満足度ランキング