自毛植毛と育毛剤の費用を比較


自毛植毛

10年育毛剤を使うのと自毛植毛の費用を比較してわかった3つのこと

薄毛を改善するための方法の中では費用も安い育毛剤ですが、あなたは本当に育毛剤で満足していますか?

 

 

毎日お風呂から上がって育毛剤を使っていると、「いつ効果が出るんだろう。」「この育毛剤何本目?育毛剤にいくら使ってきたんだろう…。」と我にかえることってありますよね。ここでは薄毛を改善するための方法としては、費用の面で対極に位置する育毛剤と自毛植毛の費用を比較してわかった3つのことを紹介します。

 

 

わかったこと@育毛剤は自毛植毛より圧倒的に安い

 

育毛剤にも非常に多くの種類があることはあなたもご存知ですよね。そのため、育毛剤の値段もピンきりであり安いものは1本数百円、高いものだと1本1万円を超えるものも存在します。このように育毛剤の値段は上下の幅が広いのですが、5000〜7000円程度が平均価格の相場だといわれています。

 

 

自毛植毛のほうはどうでしょうか?自毛植毛は自由診療であるためクリニックごとに値段には大きな差があり、さらにどの程度の範囲の薄毛や抜け毛を改善するかによっても値段は変わるため、育毛剤以上に費用の上下の幅が広くなっています。

 

 

参考までに「アイランドタワークリニック」で自毛植毛を行った場合にかかる費用の目安をみていきましょう。

 

・生え際の後退が進んだ状態・・・68万円〜92万円
・前頭から頭頂部にかけて進行した薄毛・・・116万円〜164万円
・闘病部の薄毛・・・140万円〜200万円
・広範囲の薄毛・・・260万円〜380万円

 

アイランドタワークリニック 「費用について」 参考
https://www.ilandtower-cl.com/cost/

 

 

比べるまでもありませんでしたが、育毛剤と自毛植毛では育毛剤のほうが圧倒的に始めやすい薄毛対策だといえますね。

 

 

わかったことA育毛剤は確実性はないのに、使い続けなければいけない

 

1本の育毛剤の費用が自毛植毛よりも圧倒的に安いことはわかりました。しかし、薄毛対策で大切なことは「安さ」ではなく、「効果」ですよね。育毛剤の効果を確かめるために日本皮膚科学会が定めた「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」を見てみましょう。

 

ここには、男性型脱毛症に対する治療法の推奨度がランク分けされています。その中に「男性型脱毛症に医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用は有用か?」という質問があり、育毛剤に含まれているいくつかの成分に対する推奨度が次のように示されています。

 

・t-フラバノン…C1
・アデノシン…C1
・サイトプリン、ペンタデカン…C1
・セファランチン…C2
・ケトコナゾール…C1

 

C1というのは「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」、C2というのは「根拠がないので勧められない」ことを表しています。つまり、育毛剤に含まれているこれらの成分には、育毛としての十分な働きを証明する根拠がないということです。

 

 

もちろん、「根拠がない」ということと「効果がない」ということはイコールにはなりません。育毛剤には上で紹介した以外にもたくさんの成分が含まれていますが、その中には本当に育毛としての効果を持つものもあるかもしれません。しかし、そういったものでも十分な検証結果がない以上、「薄毛の解消として、お勧めする」とははっきりと言えないのが現状なのです。

 

 

言いかえれば、現状育毛剤には効果の確実性は無いということです。さらに言うと育毛剤は使い続けることで効果を発揮するものであり、育毛座で薄毛を改善したいのであれば自分の気が済むまで使いつづけなければいけません。

 

 

一方自毛植毛では、「一生生え続ける髪の毛を移植できる」という確実な効果をたった一回の手術(人によっては2回、3回必要になることもあります)で得られるのです。あなたは確実な効果が保証されていない育毛剤を、ずっと使い続けようと思いますか?

 

 

わかったことB育毛剤を使い続けると10年で自毛植毛をできる費用に!

 

薄毛に悩まされている人は、誰だって確実な効果が保証されている自毛植毛をしたいと心の中では思っているでしょう。しかし、その希望を邪魔するのが「費用」の問題ですよね。

 

 

ちょっと考えてみてください。もし今1本7,000円程度の育毛剤をこれから使い続けるとします。薄毛は年齢を重ねるほど悪化する傾向にありますから、もしその育毛剤の効果をあなたが実感してこれからずっと使い続けると仮定しましょう。

 

 

1本の育毛剤を1ヶ月で使いきるとすれば、1年でかかる育毛剤の費用は8万4000円、10年で84万円まで膨れ上がります。

 

 

上で紹介したアイランドタワークリニックで行う自毛植毛の費用の目安を見ると、84万円あれば生え際の後退程度の薄毛や抜け毛であれば自毛植毛でカバーできる可能性は十分あります。

 

 

しかも、自毛植毛をすればその後は特別なメンテナンスもせずに一生髪の毛が生え続けるわけですから、使い続けなければいけない育毛剤と比べるとお得になることもありますね。

 

 

まとめ

 

「育毛剤は安く、自毛植毛は高い(高すぎる)!」というイメージがありますが、実際に両者の価格をしてみてはじめてわかることもありましたね。最後に育毛剤と自毛植毛の費用を比較してわかった3つのことをまとめてみましょう。

 

 

1本の育毛剤は1回の自毛植毛より比べるまでもないほどに安い
育毛剤は確実性が保証されていない上に、使い続けなければいけない
育毛剤を使い続ければ、自毛植毛ができてしまうくらいの費用になる

 

 

もちろん、中には育毛剤を使ってしっかりと効果を実感している人もいますし、あなたもそうかもしれません。そのため育毛剤の利用を否定はしませんが、「あまり効果が実感できない。」「ランニングコストが気になる…。」と感じたときには、効果の確実性が保証されている自毛植毛も検討してみると良いでしょう。

顧客満足度ランキング