韓国と日本の自毛植毛の違い


自毛植毛

韓国と日本の自毛植毛はどちらがいいの?

あなたは自毛植毛を日本ではなく、韓国でしてみようと思いますか?

 

 

日本では保険の適用外である自毛植毛にかかる費用は高額で、なかなか気軽に受けられる手術ではありませんよね。そんな費用に関する悩みを解決する一つの方法として「韓国での自毛植毛」があげられます。

 

 

ここでは、韓国と日本の自毛植毛の3つの違いを紹介するので参考にしてみてください。

 

 

違い@ 倍以上の費用の違い

 

冒頭でもいいましたが、自毛植毛を日本でする場合と韓国でする場合の大きな違いが手術にかかる費用です。自毛植毛はクリニックが自由に料金を設定できるため同じ日本の中でもかかる費用にはバラつきがありますが、日本と韓国での自毛植毛にかかる費用の相場を比べると、日本で自毛植毛を行う場合には韓国で自毛植毛を行う場合の2~3倍程度の費用がかかるのが一般的です。

 

 

あなたもご存知の通り韓国は美容大国であり、美容分野での競争が激しいため日本と比べて格安ともいえる値段で自毛植毛ができるのです。自毛植毛自体が1万や2万円程度で行える手術なら2~3倍程度の差もそこまで気になりませんが、実際には100万円以上かかることも平気である手術なので、普通の感覚なら韓国での自毛植毛の「安さ」に惹かれてしまいますよね。

 

 

違いA 手術の満足度の違い

 

日本でも同じことがいえますが、同じ国の中でも手術を受けるクリニックによって技術力には違いがあるため、一概に「日本の技術力のほうが優れている。」「韓国の技術力のほうが優れている。」と断言はできません。

 

 

実際に韓国で自毛植毛を受けて、しっかりと韓国の自毛植毛に満足している日本人も多いため、費用が安い韓国でもしっかりとした技術による自毛植毛を受けられる可能性は十分にあります。

 

 

しかし、韓国で自毛植毛を受ける場合に大きな問題となるのが、言語の違いによる意思疎通の難しさです。日本ではしっかりと担当医と意思疎通がとれて、「ここの部分はもう少し広い範囲で植毛してほしい。」といったような細かい要望を問題なく伝えられます。

 

 

一方韓国で自毛植毛をするとなると、担当医が日本語を理解できる人だったとしても細かいニュアンスまでは伝わらなかったり、通訳についてもらっても自分の希望が思うように伝わらないというケースもあります。

 

 

そうなれば「しっかりと髪の毛は生えてきたけど、思ったような生え際のデザインになっていなかった…。」というような満足度の低い手術結果になってしまうこともあるのです。

 

 

違いB アフターケアの受けやすさの違い

 

自毛植毛は術後のメンテナンスがいらない手術として有名ですよね。しかし、実際に頭皮に傷をつける外科的手術である以上、術後に患部の痛みやつっぱりといった副作用があらわれる可能性はゼロではありません。

 

 

また、日本の場合は自毛植毛での自毛の生着率は90%程度と高い数字を誇っていますが、やはり中には1度の手術では満足できる結果を得られず、もう一度手術を受けるという人もいます。

 

 

こういった場合、日本で自毛植毛をしたのであれば時間があるときに気軽に手術を受けたクリニックに足を運んで相談ができますが、韓国で自毛植毛をした場合は当然また日本から韓国へ向かわなければいけないため、気軽にアフターケアを受けられません。

 

 

まとめ

 

日本と韓国の自毛植毛には費用という大きな違いがありますが、他にも気になる違いがあります。最後にもう一度3つの違いを整理してみましょう。

 

韓国のほうが日本より格安の費用で自毛植毛を受けられる
技術力や言語の壁によって韓国での自毛植毛は満足度が低くなる可能性もある
海外で治療を受けることになるため、韓国で自毛植毛をするとアフターケアを受けづらい

 

確かに韓国の自毛植毛は日本と比べて格安の費用で済ませられるので、非常に魅力的に見えますよね。しかし、満足度やアフターケアのことを考えると安易に「安いから韓国が良い!」とも言えそうにはありません。韓国で自毛植毛を受けられるように日本向けのサービスも年々充実してきていますが、安さだけに惹かれて韓国を選択するのはやめたほうが良いでしょう。

顧客満足度ランキング