自毛植毛はハゲない?


自毛植毛

自毛植毛した部分がハゲない3つの理由

薄毛を改善したいと思っている人はなによりも「ずっとハゲない髪の毛が欲しい!」と願っているのではないでしょうか?

 

 

薄毛治療にもいくつか方法がありますが、人工毛植毛は拒絶反応によって髪の毛が抜けやすく、薄毛のための治療薬は服用をやめれば再び髪の毛が抜けやすいというデメリットがあり、「ずっとハゲない髪の毛を!」という願いは叶えられませんよね。

 

 

しかし、自毛植毛は植毛した髪の毛が後々ハゲてくるということがないため、「ハゲない髪の毛が欲しい!」と心の底から願っている人にピッタリの治療法なのです。ここでは自毛植毛した部分がハゲない3つの理由を紹介していきましょう。

 

 

ハゲない理由@移植する髪の毛は男性ホルモンの影響を受けないから

 

自毛植毛では自分自身の頭に生えている髪の毛を抜き取り、薄毛が気になる部分へと植毛していきますが、多くの場合は後頭部の髪の毛を選んで植毛します。これは、薄毛の人の髪の毛が後頭部に多く残っているからではなく、後頭部の髪の毛が薄毛の原因となる男性ホルモンの影響を受けないからです。

 

 

また、髪の毛は他の場所から移植されても、以前生えていた場所の性質を維持し続けるという特徴を持っています。そのため、男性ホルモンの影響を受けやすくハゲやすい生え際や頭頂部に後頭部の髪の毛を植毛しても、後頭部の「男性ホルモンの影響を受けない」という性質を引き継いだ髪の毛はハゲたりしないのです。

 

 

まさに後頭部から移植された髪の毛は、多くの人が求める「ずっとハゲない髪の毛」になるんですね。

 

 

ハゲない理由A自毛植毛で移植するのは「毛根」部分だから

 

自毛植毛と聞くと、「髪の毛そのものを移植して毛量を増やす治療」と考える人は多いですよね。しかし、自毛植毛の本来の目的は「髪の毛を移植して毛量を増やす」ことではなく、「毛根部分を移植して毛量を増やす」ことです。

 

 

例えば途中から切れている髪の毛を頭皮に移植してもすぐに抜け落ちてしまいますが、自毛治療では、普段は頭皮の中に隠れていて髪の毛を成長させる細胞が含まれている「毛根」部分ごと髪の毛を移植します。そうすることでたとえ移植した髪の毛が抜けてしまったとしても、移植された毛根部分が残っているので、何度でも髪の毛は生えてきてハゲない髪の毛になってくれるのです。

 

 

ハゲない理由B血小板やフィブリンによって接着されるから

 

自毛植毛の方法は田植えに似ています。後頭部からひとつひとつの毛根の株を円筒形に切り取って、これを薄毛が気になる部分の頭皮に開けた円筒形の穴に植えていきます。普通の手術であればこのときに埋め込んだ毛根の株を糸などで抜けないように処置するものですが、自毛植毛ではそういった処置はせずただ植えていくだけです。

 

 

「ただ植えただけではすぐに抜け落ちて、またハゲるのでは?」と思ってしまいますよね。でもその心配はいりません。自毛植毛で取り扱う毛根の組織は非常に小さいもので、植えたそばから血小板や体の傷をくっつけるための「のり」として働くフィブリンというタンパク質によって頭皮に接着されていくのです。さらに植毛から3日程度で毛細血管も再生されていき、1週間から10日程度で他の髪の毛と同じようにしっかりと生着するのです。

 

 

確かに毛根がしっかり生着しても、最初のうちは髪に栄養が行き渡らずに多くの移植した髪の毛は抜け落ちてしまいます。しかし、そこから再び生えてくる髪の毛は血小板やフィブリンによって頭皮にしっかりと生着した毛根から生えてくる健康な髪の毛なので、再びハゲてしまうということは滅多にないのです。

 

 

まとめ

 

「ハゲない髪の毛を育てる。」そんな多くの人の希望を叶えてくれるのが自毛植毛です。最後に自毛植毛した部分がハゲない理由をおさらいしましょう。

 

移植する髪の毛が薄毛の原因である男性ホルモンの影響を受けないから
毛根部分から移植することで、何度でも髪の毛が生えてくる土台ができるから
植えられた毛根は血小板やフィブリンによってしっかりと頭皮に定着するから

 

「薄毛の改善や治療に取り組んでいるけど、結局ハゲてしまう…。」と頭を悩ませている人は、ぜひ根本的にハゲない髪の毛を移植できる自毛治療を検討してみてはいかがでしょうか?

顧客満足度ランキング