抜け毛、薄毛に悩む前に自毛植毛


自毛植毛

自毛植毛した部分がまたハゲてくることはないの?

自毛植毛した部分がまたはげてきたとしたら、自毛植毛にそれだけ費用をかけたのに無駄になってしまいそう…そういう不安を持っている人は、自毛植毛の情報を正しく理解されていません。

 

 

一度定着した自毛植毛は、多くのケースで一生はえ続けるといわれています。自毛植毛は側頭部や後頭部の毛根を前頭部や頭頂部に移植します。なぜなら、薄毛が進行している人で残っている自毛がそこだから…というわけではなく、その毛根は強いからです。

 

 

強い毛根でかつ側頭部や後頭部は男性ホルモンの影響をほとんど受けないという性質を持っています。でも、それが頭頂部や前頭部で移植されたら抜けてしまうのでは…と思われがちですが、そんなことはありません。

 

 

ドナー・ドミナントという医療用語があります。体の他の場所に移植しても、移植前の性質を引き継ぐというもの。遺伝情報などから同じ毛根でも強さが異なるのかもしれません。

 

 

つまり、ドナー・ドミナントが起きるということは、前頭部や頭頂部に移植された毛根からは、少なくても男性ホルモンの栄養を受けない強い毛髪が継続的にはえてくるということです。

 

 

一生はえ続けるかどうかは、個人差がありますが、理論上ははえ続けます。実際には外的要因などもありますので、一概には言いきれませんが、少なくても、一度定着してしまえば、その部分がはげることはありません。はげにくい毛根は、移植してもはげにくいということです。体の不思議な現象の一つです。

顧客満足度ランキング