抜け毛、薄毛に悩む前に自毛植毛


自毛植毛

自毛植毛のショックロスとは?

自毛植毛を行っても、脱毛が止まらない…。そういった症状が手術後短期間のうちに発生することがあります。それがショックロスです。

 

 

せっかく植毛したのに、違う毛髪も一緒に抜けてしまうおぞましい現象です。ショックロスの話を知ってしまうと、結局自毛植毛はなんて危険なんだ…と思いがちですが、実際にはそんなに危険ではありません。

 

 

自毛植毛の際に20%くらいの確率で起こるといわれているショックロス。その原因は明確にはわかっていませんが、採取時、植毛時の麻酔、新しい毛根が植えられた際に周囲の毛根がダメージを受ける、植毛密度が高いことによる血行不良などいくつか考えられる要因があります。

 

 

しかしながら、全員がショックロスになるわけではありません。また、ショックロスが発生しても、その後発毛が認められる人がほとんどです。

 

 

ショックロスの発生は自毛植毛後1カ月程度で発生することが多く、その後数ヶ月で元に戻るといわれています。もし、1ヶ月以降も植毛周辺の脱毛が進む場合は、ショックロスというより、もともとの薄毛の進行であると思われます。

 

 

ショックロスを防ぐ方法は他の毛髪を維持するためにも薄毛治療の継続が有効であるといわれています。自毛植毛と薬やメソセラピーの組み合わせを推奨しているのがAGAルネッサンスクリニックです。

 

 

これによって同時にショックロスの発生を抑える効果も期待できます。AGAルネッサンスクリニックは業界でも屈指の安さで自毛植毛を受けられる専門クリニックです。

 

顧客満足度ランキング