抜け毛、薄毛に悩む前に自毛植毛


自毛植毛

自毛植毛の弊害はあるの?

自毛植毛は自分の毛根を植えることで、そこから再度自毛が生えてくるという画期的な医療技術です。ですが、自毛の毛根を採取し、それを違う頭皮部分に植え付けるわけですから、ある程度のリスクや弊害が生じます。

 

 

その弊害の内容を知ることで、自毛植毛が自分に適しているかを判断することができるでしょう。

 

 

自毛植毛の弊害は、どうしても傷が残ることです。自分の毛根を頭皮から採取する必要があるため、頭皮にメスを入れることになります。当然採取部分には傷ができ、傷跡が残ります。

 

 

また、毛根を植毛しても、植毛直後は必ずと言ってよい程、植毛した毛髪は抜けます。実際に植毛の効果を得られるのは半年から1年程度の期間を要します。

 

 

せっかく手術までしたのにまったく変化がない、これだけ効果を実感するのに時間がかかるのはちょっと困る…という人もいるでしょう。

 

 

長期的に考えても、他のAGA治療で感じた限界を超えるにはこの自毛植毛が一つの方法と言えるでしょう。何せ直接毛根を植え付けるわけですから。

 

 

今まで内部から育毛や発毛を推し進めてきましが、外科的手術で、しかも最新の再生医療を用いて薄毛を対策することは、その効果を十分期待できるでしょう。

 

 

効果を実感する間にその弊害によって不安を感じる人は、メールや電話での問い合わせにもしっかり対応してくれるAGAルネッサンスクリニックが良いでしょう。

 

 

効果が得られなかった場合、返金制度や再手術の制度もあり、失敗するリスクを極力なくしてくるクリニックです。

 

顧客満足度ランキング