プロペシアの効果がない人でも自毛植毛だと効果がでる?


自毛植毛

プロペシアの効果がない人でも自毛植毛だと効果がでる3つの理由

AGA治療の最後の砦ともいわれている自毛植毛ですが、なぜプロペシアで効果が実感できなかった人が自毛植毛で効果を実感できるのか疑問に思いませんか?

 

 

内服薬であるプロペシアは薄毛治療に対して高い効果を発揮する一方で、やはり効果を実感できないという人がいるのも事実です。そんな人が最後にたどり着くのが自毛植毛ですが、同じAGAを治療する方法なのに、効果を実感できるかどうか人によって差があるのは不思議ですよね。

 

 

ここではプロペシアの効果が実感できない人でも自毛植毛の効果を実感できる3つの理由を紹介しています。

 

 

理由@ そもそも効果を間違って理解していることが多いから

 

あなたはプロペシアと自毛植毛の効果をどのように理解していますか?もしかして「プロペシアにも自毛植毛にも、髪の毛を増やす効果がある。」と考えていませんか。もしそうであれば、あなたはプロセシアを使っても「効果が出ない」と感じるかもしれませんよ。

 

 

プロペシアには直接的に髪の毛を増やす効果はありません。AGA原因は、体内の「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質にあります。体の中では男性ホルモンが分泌されていますが、これが「5α-リダグターゼ」という酵素の働きによってDHTへと姿を変え,毛根へと悪影響を与えることでAGAになってしまいます。

 

 

プロペシアがもっている効果は、5α-リダグターゼの働きを妨げてDHTの発生を阻害するというものです。つまり、プロペシアを服用することでできるのは、薄毛や脱毛の進行を食い止める、遅らせることなのです。

 

 

そのため、プロペシアを飲んでそれまで起きていた薄毛や脱毛の進行が遅れれば、薬の効果は出たことになるのですが、もしプロペシアに「髪の毛が増える」という効果を期待していた場合には「プロペシアには効果がなかった…。」と感じてしまいますよね。

 

 

一方自毛植毛には、しっかりと「髪の毛を増やす」効果があります(仕組みは次で説明します)。こういった理由からプロペシアにも自毛植毛にも「髪の毛を増やす効果がある」と考えていると、本当はプロペシアの効果でしっかりとAGAの進行を食い止められていたのに、「プロペシアには効果がないけど、自毛植毛では効果を実感できた。」と誤った考え方をしてしまうケースが出てくるのです。

 

 

理由A 自毛植毛では男性ホルモンの影響を受けないから

 

上では「効果の誤った認識」という理由でプロペシアの効果を実感できない例を紹介しましたが、中には正しく効果を理解してもプロペシアの効果を実感できない場合もあります。

 

 

プロペシアが5α-リダグターゼの作用を妨げDHTの発生を阻害するものだということは説明しましたが、これはあくまで5α-リダグターゼの作用を「妨げる」だけであり、根本的にゼロにする働きはありません。

 

 

そのため、いくらプロペシアを服用しても人によっては薬の影響を受けなかった5α-リダグターゼによってDHTが生み出されて、「薬を飲んでいるのにAGAの進行が食い止められない」という状態になってしまうのです。

 

 

一方自毛植毛は、後頭部に生えている「DHTの影響を受けづらい」という性質をもっている髪の毛を薄毛や抜け毛が気になる場所へと植毛していきます。

 

 

移植された髪の毛は、どこに移植されても前に生えていた場所での性質を引き継ぐという特徴があるため、自毛植毛によって植えられた毛は、DHTの影響を受けることなくしっかりと成長して髪の毛の量が増えていくのです。

 

 

理由B 自毛植毛では生きている毛根を移植できるから

 

プロペシアの効果が実感できない理由はまだあります。それは、AGAが進行しすぎて毛根が死滅してしまっているからです。AGAが進行すると抜け毛が増えていきますが、この状態を何年も放っておくと頭皮の中に埋まっている髪の毛を生やすために欠かせない「毛根」が死滅してしまうのです。

 

 

何度もいうように、プロペシアには直接的に髪の毛を生やす効果はありません。もしAGAになってもすぐにプロペシアの服用をはじめれば、DHAの影響が減ることで頭皮に埋まっている毛根が再び活動し始めて、また髪の毛が生えてくる可能性は十分にあります。

 

 

しかし、毛根が死んでしまっていればいくらDHTの影響を減らせたところで、髪の毛を生やすための土台がないので効果を実感できないのです。

 

 

そんな人でも効果を実感できるのが、自毛植毛の大きなメリットです。自毛植毛では主に後頭部の髪の毛を抜きとって気になる部分に移植しますが、このときに毛根ごと移植します。

 

 

そのため、薄毛や抜け毛が気になる部分の毛根が死滅してプロペシアの効果を実感出来ない人でも、新しく髪の毛を生やせるのです。これはAGAの人にとっては、この上ない喜びですよね。

 

 

まとめ

 

プロペシアはAGA治療で最も有名な治療法ですが、どうしても効果を実感できない人もいます。自毛植毛は、そんなプロペシアで効果を得られなかった人にもおすすめできる治療法です。最後にプロペシアで効果を実感できない理由と、自毛植毛で効果を実感できる3つの理由をまとめておきましょう。

 

プロペシアの効果を「髪の毛が生える」と誤解しているから
自毛植毛ならDHTの影響を受けない髪の毛を生やせるから
自毛植毛なら毛根ごと髪の毛を移植できるから

 

AGAの治療法としては、プロペシアも十分優秀な治療法なのですが、効果の実感しやすさは自毛植毛のほうが上回っているといえるでしょう。自毛植毛は高額な費用が大きなネックになりますが、AGAに悩むならぜひその効果を自分の頭をもって体感してみたいですね。

顧客満足度ランキング