抜け毛、薄毛に悩む前に自毛植毛


自毛植毛

愛和クリニックの評判・口コミ

ベリッシマ美容クリニック
(旧愛和クリニック)


院長の加曽利 要介氏は治療実績15,000症例以上の確かな技術と知識に定評がある毛髪再生医療の第一人者で、愛和クリニックの顔として自身の自毛植毛論をメディア等で発信している。

手術法対応エリア
トゥメッセント・メソッド・バンドル植毛術埼玉
治療費の目安オススメ度
500本50万円
※麻酔代、薬代、消費税は別途必要
C
1000本70万円
※麻酔代、薬代、消費税は別途必要

 

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)とは

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)は埼玉県大宮にクリニックをかまえる植毛専科の治療院であり、「自毛再生医療」 専門の形成美容外科です。

 

 

院長の加曽利 要介氏は治療実績15,000症例以上の確かな技術と知識に定評がある毛髪再生医療の第一人者で、ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の顔として自身の自毛植毛論をメディア等で発進しています。

 

 

それによれば、加曽利氏の目指す植毛法は、カテゴリはストリップ法(FUT法)であり、植毛法では毛包単位植毛(愛和のバンドル植毛/アイワ式トゥメッセント・メソッド・バンドル植毛術)を中心に扱っています。

 

 

ただし、ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の自毛植毛術は、患者さん一人ひとりの毛の状態・頭皮の状態を本質的な部分まで深く分析した上で、その方にもっとも適した解決法を提案しますので、単一植毛からパンチグラフトまで広く扱っています。

 

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)は、困難な手術も適正な価格で対応してくれる良心的なクリニックと言えるでしょう。

 

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の手術法は?

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の自毛植毛の手術法は、独自のバンドル植毛を展開しています。呼び方はいろいろあるようですが、ここでは分かりやすくバンドル植毛としておきたいと思います。 バンドル植毛とは、移植株1つ1つを毛包単位(毛穴単位)でやる手術方法です。

 

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)では、バンドル植毛の他にも、毛包単位の毛髪本数として、単一植毛、マイクログラフト植毛(2本?4本)、ミニグラフト植毛(5本?7本)、パンチグラフト植毛(10本以上)を扱っていますが、バンドル植毛は毛包単位の毛髪本数が1本?3本という細かさの植毛術です。

 

 

もちろんこれで、すべて植毛するわけではありませんが、生え際など、自然さが必要な部分などに単一植毛やバンドル植毛を使い、トップに向けてマイクログラフト植毛、ミニグラフト植毛と毛包単位の毛髪本数を増やしていくわけです。

 

 

なお、ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)ではパンチグラフト植毛を使うことは稀ですが、傷跡など条件が良くない箇所への植毛には適していると考えているようです。このように、グラフトの種類は仕上がりの自然さに大きく影響しております。そこまで徹底した気遣いがベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の自毛植毛術では展開されているわけです。

 

 

また、ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の自毛植毛は、植毛にあたって頭皮麻酔時に麻酔液の他にミノキシジル、プロペシアを含むメソセラピー育毛エッセンスを補充しております。これによって、通常、植毛後に一度ほとんどの毛髪が抜けるのですが、ミノキシジル、プロペシアを含むメソセラピー育毛エッセンスを補充すると、大体30%くらいはそのまま伸びます。このためショックロスも減少し、毛髪の定着率も高まるのです。

 

 

ベリッシマ美容クリニック(旧愛和クリニック)の費用

 

ドナー採取本数手術料金
500本まで50万円
1000本まで70万円
1500本まで85万円
2000本まで100万円
2500本まで115万円
3000本まで130万円
3500本まで145万円
4000本まで160万円
4500本まで175万円

※麻酔代、薬代、消費税は別途必要になります。

顧客満足度ランキング